2007年05月

2007年05月の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハムの高校生ドラフト1巡目・吉川光夫投手(19)が、25日の交流戦、対ヤクルト戦(札幌ドーム)でプロ初先発する。チームの今季初の5連勝、初の貯金がかかる大事な一戦だが、ルーキー左腕に勝利を託すことになった。

 晴れの舞台を翌日に控えても、吉川は重圧を少しも感じさせなかった。「チームが調子いい? 逆にその勢いに乗っていきたい。気持ちの高ぶり? まだ、いつ投げるか分からないですよ」予告先発がない交流戦。報道陣から先発かどうかを聞かれると、19歳の若武者は憎らしい答えを返してきた。

 広島の名門・広陵高出。今季、イースタンでは7試合に登板。140キロ台の直球とカーブのコンビネーションを武器に、4月中旬から先発ローテに定着した。1勝3敗1セーブ、防御率3・46の成績以上に、マウンド度胸の良さと将来性を買われ、大役を与えられた。

 運も味方にした。17日に1軍昇格し、その日の楽天戦(東京ドーム)で中継ぎ登板。当初は19日のソフトバンク戦(福岡ヤフー)に先発した木下に代わり登録抹消される予定だったが、当日、八木が左肩に違和感を訴えた。戦線離脱した先輩左腕の代役を急きょ、務めることになった。

ライブドアニュース引用
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。