里崎が全日本1号、世界一の意地だ

里崎が全日本1号、世界一の意地だの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
里崎が全日本1号、世界一の意地だ
<日米野球:全米8-6全日本>◇第2戦◇4日◇東京ドーム
 ロッテの里崎がJAPANの意地と誇りにかけて打った。5点の大量リードを許した直後の3回。2死一塁で、左翼席へ豪快に突き刺した。「粘っている間に感じがつかめた。絶対に負けられないという気持ちで戦っているからね」。追い込まれてから3球連続でファウル。粘りに粘って、気持ちで運んだ追撃の2ランだった。
 あきらめムードを一掃したかった。全日本チームにとって貴重な初本塁打で、一時は1点差まで追い上げた。世界の頂点に立ったWBCではベストナインを獲得。国際舞台に強い男が、メジャー相手にも高い能力を発揮した。「意地がある。遊びじゃないんだから。世界一のプライド? そうだね」。負けても、強気の姿勢は崩さなかった。
 野村監督は「小笠原みたいに(捕手から)コンバートした方がいいんじゃないか」と言うほど、里崎の打力を買っている。だがハワードの連発を含む3被弾には、同じ捕手出身として納得がいかない。「2試合を終えて、捕手のリード面がかなりのウエートを占める。直していかないと」。連敗して後がない。口出しは封印してきたが、1発への対処法など伝授する。
 里崎も先発西村との初コンビがかみ合わず「生かし切れなかった。(ピンチで)どうしたいのかが分からなかった」と話した。5日の第3戦はチームメートの小林宏と組み、リベンジを期す。「基本的にWBCの時も、相手が誰が誰だか分かんなかった。1回やって特徴もつかんだよ」。やられたら、やり返すまでだ。【柴田猛夫】
(日刊スポーツ)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballfighters.blog80.fc2.com/tb.php/30-6c638203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。