新庄が球界と決別宣言…「みんなをアッと驚かせたい」

新庄が球界と決別宣言…「みんなをアッと驚かせたい」 の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新庄が球界と決別宣言…「みんなをアッと驚かせたい」

北海道移転後わずか3年で、球団史上25年ぶりのパ・リーグ優勝に続き、44年ぶりの日本一に輝いた日本ハム・ファイターズ。北の大地に起こったミラクルは、北海道移転と同時に入団したSHINJOこと新庄剛志外野手(34)なくして考えられない。27日午後、札幌ドームで引退会見を行った新庄は、「みんなをアッと驚かせるようなことをやりたい」と抱負を語った。


 27日午後、札幌ドームで引退会見を行った新庄。注目の今後について、「もう、野球にかかわることは今のところないかなぁ」と、球界とは決別を宣言した。

 その上で、「体力の限界はあるけど、頭の限界はない。頭のトレーニングをして新庄剛志を伸ばし続けたい。みんなをアッと驚かせるようなことをしたい」と、具体的なことは口にしなかった。

 とはいえ、うわさされている来夏の参院選への出馬には、「今のところぼくには無理でしょう」とも。

 新庄は、いまだ興奮が冷めやらない様子で、日本ハムの日本一を振り返り「やっと3年目で花を咲かせることができた。花の色は金色です」と、言葉を弾ませた。ちなみに今後、北海道で行きたい場所の質問には、「網走刑務所」と即答。報道陣の笑いを誘った。ともあれ、プロ野球界とは完全決別する。

 「いろいろな仕事の依頼が来ると思う。その中から、楽しそうなものをやりたい」と新庄。まだまだ、サプライズは続きそうだ。

 また、新庄の付けていた背番号「1」は、一番弟子の森本稀哲(ひちょり)に引き継がれることになりそうだ。優勝後の会見で「ひちょりにつけてもらいたいな。ぼくの気持ちはそうです」と新庄。森本という後継者が出てきたものの、新庄が日本ハムに残した足跡はあまりにも大きい。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballfighters.blog80.fc2.com/tb.php/6-c79ba167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。